2021.07.07

【リリース】スポーツチームが発行主体のファントークン発売開始

プレスリリース

トークンを活用したデジタルマーケティング事業を展開する canow株式会社(東京都千代田区、代表取締役:桂城 漢大、以下 canow )は、スポーツチームが発行主体となり地域通貨として使用可能なファントークンを、本日 7 月 7 日より発売開始したことをお知らせいたします。今後は、地域通貨として加盟店やECサイトの商品購入での決済に利用できるだけでなく、ファントークン所有者のパーソナルデータを本人同意の下に利用できるサービスやデータ分析基盤の提供、ファンエンゲージメントを高めるためのチーム公式グッズ制作や公式コンテンツやクリエイティブ制作、ECサイト制作までをワンストップで提供するプラットフォームへ順次アップデートしていくことで、地域の魅力を全国のファンに発信し、様々な地域課題を解決することを目指していきます。

【 ファントークンの概要 】
ファントークンは、ファンマーケティングツール「YELLtum」を通じて発行されます。スポーツチームや企業が発行主体となり、地域通貨として活用することができ、加盟店やECサイト等での商品購入の決済手段として使用できます。また、ファントークンを保有することで、チームから加盟店の情報やお得なクーポン、チームのイベントに関する情報などを受け取ることができるようになります。発行済みチームのファントークンの購入方法は、下記のサイトからご確認頂けます。

YELLtumのはじめ方:https://yelltum.fun/service/howto/

【 今後の「YELLtum」事業構想について 】
「YELLtum」は、スポーツチームや企業が発行主体となり、地域通貨として使用できるファントークンを発行できるプラットフォームです。ファントークンは、加盟店舗での商品購入等の決済手段として使用できるため、チームとファン、地域店舗を繋ぐ架け橋として、チームによるファンへの加盟店に関する情報発信やお得なクーポンの発行等によって、チームとファン、ファンと地域店舗の間に密なコミュニケーションが生まれることが期待されます。その結果、チームが中心となり、地域創生の実現に向けた、地域を巻き込みながら熱狂的なコミュニティを拡大させていくことができます。

今後、「YELLtum」へ以下のような機能を実装することで、ファントークン所有者のパーソナルデータを本人同意の下に利用できるサービスやデータ分析基盤の提供、ファンエンゲージメントを高めるためのチーム公式グッズ制作や公式コンテンツやクリエイティブ制作、ECサイト制作までをワンストップで提供するプラットフォームに向けて順次アップデートを予定しています。

■  2021年7月7日から「YELLtum」へ順次提供予定のサービス一覧
・ファントークン発行
・エルpay:加盟店での決済手段の提供
・YELLTRON:ファントークン購入者の行動・購入データを集積し、分析できるデータベース提供
・YELL DataBank:情報銀行サービス、パーソナルデータとインセンティブの価値交換
・YELLCA:デジタルファンクラブ・ショップカードの提供
・REICHTUM:EC機能提供、商品開発・企画
・YELL Offering:ファンディング機能
・公式ホームページやファンサイト、オウンドメディアの作成
・公式グッズやコラボレーショングッズ、ノベルティの制作
・XRやVRデジタル動画の制作
・ECサイトの作成およびEC機能の追加 など

上記機能を順次アップデートしていくことによって、YELLtum を通じた地域におけるファントークン流通量の増加やファンと地域の結びつきを強めることで、より多くの地域課題の解決につなげ、売上規模の拡大を目指していきます。

こうした機能を組み合わせることによって、以下のようなことが可能になります。

■(例1)地域特産品のブランディング
・地域特産品に関する情報発信を行うためのホームページやサイト作成
・データに基づいた特産品の改良
・ECサイト等の新しい販路開拓

■(例2)観光やインバウンドを目的とした地域のPR
・動画コンテンツやクリエイティブを活用したPR施策
・地域の魅力を伝えるオウンドメディア作成
・XRやVR動画などの新しい体験に関する発信

[これまでに YELLtum との提携を発表したサービス一覧]

■ 関係者からのコメント
canow 株式会社 COO 大坂 亮平

これまで多くのスポーツクラブ、またパートナー企業などの理解と協力のもとにファントークンの開発・販売を開始できることを大変嬉しく思っている。一方で、本日のファントークンの販売開始は「YELLtum」構想において中核を担う機能でありつつも、エルpay/YELLTRON/YELL DataBankなど様々な機能をもとに、クラブを中心とした地域経済の活性化・地域住民と自治体のつながりの向上など、ファントークンによる経済圏の拡大を着実に進めていきたい。

■ プロフィール
canow株式会社 COO 大坂 亮平

音楽制作/作家事務所にて主にエンターテインメント業界に従事。その後動画のスタートアップを経て、デジタルマーケティング部署の立ち上げを担当。主に大手ナショクラのデジタル施策にてプランニングやデジタル戦略策定を営業部署と連携して推進。その後、ブロックチェーンやクリプトの世界に興味を持ちブロックチェーン関連のメディアの立ち上げや海外カンファレンスのアレンジ、開発事業の戦略を柱とする事業会社へ入社。より海外を主軸とした事業を推進するためにcanow株式会社を設立。

■canow 概要
会社名:canow株式会社
所在地:東京都千代田区麹町6-6 Wework 5F
代表者:代表取締役CEO 桂城 漢大(かつらぎ  くにひろ)
設立:2020年4月
URL:http://canow-jp.com/

■お問い合わせ先
一般の方:info@canow-jp.com
報道関係の方:canow@storydesign-h.com(担当:新井 Story Design house内)